踊るジョーカー

踊るジョーカー

著者: 北山猛邦

朗読: 土師亜文

総朗読時間:8時間31分04秒

出版社:東京創元社

装画:片山若子
装幀:岩郷重力+WONDER WORKZ。

ジャンル: 推理・ミステリ・サスペンス・ホラー

【試聴】

踊るジョーカースマートフォンページ

「kikubon」はスマートフォン向けサービスです。
スマートフォンは左記QRコード、または下記アドレスよりアクセスできます!
http://kikubon.jp/sp/product.php?aKey=175

【内容紹介】

推理作家の白瀬は、とっても気弱な友人・音野順が秘める謎解きの才能を見込んで仕事場の一角に探偵事務所を開いた。今日も白瀬は泣き言をいう音野をなだめつつ、お弁当のおにぎりを持った名探偵を事件現場へ連れてゆく。殺人現場に撒かれた大量のトランプと、凶器が貫くジョーカーが構成する驚愕の密室トリック(「踊るジョーカー」)、令嬢の婿取りゆきだるまコンテストで起きた、雪の豪邸の不可能殺人(「ゆきだるまが殺しにやってくる」)など5つの難事件を収録。

(P) 北山猛邦・東京創元社・RRJ Inc.

twitterボタン facebookでシェアする googleプラスシェア mixiチェック

目次

  • 踊るジョーカー (サンプル)【朗読時間:1分37秒
  • 踊るジョーカー【朗読時間:1時間46分18秒
  • 時間泥棒【朗読時間:1時間16分47秒
  • 見えないダイイング・メッセージ【朗読時間:1時間33分34秒
  • 毒入りバレンタイン・チョコ【朗読時間:1時間47分40秒
  • ゆきだるまが殺しにやってくる【朗読時間:2時間06分44秒

著者情報

北山猛邦

1979年生まれ。2002年、『「クロック城」殺人事件』で第24回メフィスト賞を受賞してデビューする。機械的トリックの案出に強いこだわりを持つ一方、世紀末的かつ叙情的な独自の作品世界を構築し、次代を担う本格ミステリ作家として将来を嘱望されている。他の著書に『少年検閲官』『オルゴーリェンヌ』『踊るジョーカー』『密室から黒猫を取り出す方法』『「アリス・ミラー城」殺人事件』『猫柳十一弦の後悔』『私たちが星座を盗んだ理由』『人外境ロマンス』などがある。
»この著者の作品一覧へ

朗読者情報

土師亜文

土師亜文

声優
■代表出演作品
<アニメ>
デュエルマスターズVS -あかり
ビーストサーガ -ヒラリーズ2
サーバント×サービス -女性職員
<外画>
PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット -カレン
ザ・ミドル 中流家族のフツーの幸せ -ジェラルド
<テレビ>
小学館ガガガ文庫「魔王が家賃を払ってくれない」 -PVナレーション
エポック社 ゲーム -ナレーション
<ラジオ>
NHKFM 泥の子と狭い家の物語~魔女と私の七〇日間戦争~ -吉崎
WEB 『別府なるみと土師亜文(はし あふみ)のハッピーRADIO!だからダメだって言ったじゃん!もっと・・・』 パーソナリティ
<ゲーム>
アイコレ -江戸川小町
アイドリズム -椎倉百花
»この朗読者の作品一覧へ