オーディオブックを声優・ナレーターの声と演技で楽しむ朗読サイト!SF・ミステリ・ファンタジー! 耳で聴く本(キクホン)

無料で聴けるオーディオブックがたくさん!SF/ミステリ/ファンタジー
声優・ナレーターが朗読する聴く本

レビューはこちらから投稿いただけます。

※投稿頂きました内容は、当サイトや告知活動にて使用させていただきますので、あらかじめご了承ください。

投稿する

×
走れメロス

走れメロス

著者: 太宰治

朗読: いけながあいみ

総朗読時間:36分25秒

【内容紹介】
太宰治の短篇小説。羊飼いのメロスが「邪智暴虐の王ディオニス」へ自身の身代わりとして差し出した友人・セリヌンティウスの信頼に報いるために走り続ける。
走れメロススマートフォンページ

ご購入いただいたコンテンツはスマートフォンでお楽しみください。
(タブレット(iOS、Android)、iPod Touchにも対応)
左記QRコード、または下記アドレスよりアクセスできます!
http://kikubon.jp/product.php?aKey=20

目次

  • 走れメロス
    朗読時間:36分25秒

走れメロススマートフォンページ

ご購入いただいたコンテンツはスマートフォンでお楽しみください。
(タブレット(iOS、Android)、iPod Touchにも対応)
左記QRコード、または下記アドレスよりアクセスできます!
http://kikubon.jp/product.php?aKey=20

twitterボタン facebookでシェアする mixiチェック googleプラスシェア

著者情報

太宰治

津軽の大地主の六男として生まれる。共産主義運動から脱落して遺書のつもりで書いた第一創作集のタイトルは「晩年」(昭和11年)という。この時太宰は27歳だった。その後太平洋戦争に向う時期から戦争末期までの困難な間も、妥協を許さない創作活動を続けた数少ない作家の一人である。戦後「斜陽」(昭和22年)は大きな反響を呼び、若い読者をひきつけた。

»この著者の作品一覧へ

朗読者情報

いけながあいみ いけながあいみ

声優・女優
■ラジオ
『ハピラジ!』メインパーソナリティ
『クマ・トモ らじおのじかん』メインパーソナリティ

»この朗読者の作品一覧へ

このシリーズの他の作品他の作品も見る