D坂の殺人事件

D坂の殺人事件

著者: 江戸川乱歩

朗読: 新居祐一

総朗読時間:1時間20分50秒

ジャンル: 推理・ミステリ・サスペンス・ホラー 文学・詩歌

D坂の殺人事件スマートフォンページ

「kikubon」はスマートフォン向けサービスです。
スマートフォンは左記QRコード、または下記アドレスよりアクセスできます!
http://kikubon.jp/sp/product.php?aKey=200

【内容紹介】

それは九月初旬のある蒸し暑い晩のことであった。私は、D坂の大通りの中程にある、白梅軒はくばいけんという、行きつけのカフェで、冷しコーヒーを啜すすっていた。当時私は、学校を出たばかりで、まだこれという職業もなく、下宿屋にゴロゴロして本でも読んでいるか、それに飽ると、当てどもなく散歩に出て、あまり費用のかからぬカフェ廻りをやる位が、毎日の日課だった。この白梅軒というのは、下宿屋から近くもあり、どこへ散歩するにも、必ずその前を通る様な位置にあったので、随したがって一番よく出入した訳であったが、私という男は悪い癖で、カフェに入るとどうも長尻ながっちりになる。それも、元来食慾の少い方なので、一つは嚢中のうちゅうの乏しいせいもあってだが、洋食一皿注文するでなく、安いコーヒーを二杯も三杯もお代りして、一時間も二時間もじっとしているのだ。そうかといって、別段、ウエトレスに思召おぼしめしがあったり、からかったりする訳ではない。まあ、下宿より何となく派手で、居心地がいいのだろう。私はその晩も、例によって、一杯の冷しコーヒーを十分もかかって飲みながら、いつもの往来に面したテーブルに陣取って、ボンヤリ窓の外を眺めていた――

twitterボタン facebookでシェアする googleプラスシェア mixiチェック

目次

  • (上)事実【朗読時間:39分05秒
  • (下)推理【朗読時間:41分45秒

著者情報

江戸川乱歩

日本の探偵小説の基礎を築いた作家。本名は平井太郎。1894年(明治27年)、三重県生れ。1923年(大正12年)に「二銭銅貨」でデビュー。以降、本格探偵小説を世に送り出しいく。ペンネームはエドガー・アラン・ポーからとっている。代表作は「パノラマ島奇讃」、「陰獣」、少年探偵団ものなど多数。
»この著者の作品一覧へ

朗読者情報

新居祐一

新居祐一

声優・ナレーター
■代表出演作品
<ナレーション>
NHK 「カレンダークイズ あぁ思い出せない」
NHK 「にっぽん 釣りの旅」
千葉テレビ「ハピはぴモーニング~ハピモ~」(月・水・金曜日担当)(生ナレーションレギュラー)
TBS 「ジャスト」
TX「レディス4」(生ナレーション)
BS日テレ「眞鍋かをりのブログッズ」
<WEB>
「JAXA 宇宙航空開発研究機構」
ミランカ「Oh!バカちゃんぴおん」
CRスーパー海物語IN沖縄3「実機バトル祭り」

第48回科学技術映像祭 「『はやぶさ』の大いなる挑戦!~世界初の小惑星サンプルリターン~」
»この朗読者の作品一覧へ