レビューはこちらから投稿いただけます。

※投稿頂きました内容は、当サイトや告知活動にて使用させていただきますので、あらかじめご了承ください。

投稿する

×
気まぐれ食堂 神様がくれた休日

出版社:東京創元社

装画:いつか
装幀:大野リサ

気まぐれ食堂 神様がくれた休日

著者: 有間カオル

朗読: 兼高美雪

総朗読時間:5時間35分42秒

試聴:
【内容紹介】
料理人の実果は、念願の三ツ星レストランで働きはじめた矢先にケガをして失業、恋人にも逃げられてしまう。不運が重なり落ち込む彼女だが、「これは神様がくれた休日なんだ!」と吹っ切って、思いがけない長期休暇を瀬戸内の小島で過ごすことに。そこで彼女が出合ったのは、気まぐれで営業しているという不思議な食堂。食堂を通じて島の人々とふれあい、様々な経験をしていくうちに、実果はすこしずつ夢と向き合っていく――。島でのゆったりとした日々に癒される、休日のような小説。

<版権表示>
(P)有間カオル・東京創元社・RRJ Inc.
気まぐれ食堂 神様がくれた休日スマートフォンページ

ご購入いただいたコンテンツはスマートフォンでお楽しみください。
(タブレット(iOS、Android)、iPod Touchにも対応)
左記QRコード、または下記アドレスよりアクセスできます!
http://kikubon.jp/product.php?aKey=243

目次

  • 泊まる
    朗読時間:1時間03分08秒

  • 作る
    朗読時間:48分11秒

  • 見る
    朗読時間:53分57秒

  • 買う
    朗読時間:1時間03分12秒

  • 食べる
    朗読時間:59分17秒

  • 遊ぶ
    朗読時間:47分55秒

気まぐれ食堂 神様がくれた休日スマートフォンページ

ご購入いただいたコンテンツはスマートフォンでお楽しみください。
(タブレット(iOS、Android)、iPod Touchにも対応)
左記QRコード、または下記アドレスよりアクセスできます!
http://kikubon.jp/product.php?aKey=243

twitterボタン facebookでシェアする mixiチェック googleプラスシェア

ご購入のコンテンツはスマートフォンまたはタブレットのみ対応となります。
※PCで聴くことはできませんので、ご注意ください。

購入(1,000pt)

著者情報

有間カオル

東京都出身。法政大学卒。2009年『太陽のあくび』が第1回メディアワークス文庫賞を受賞してデビュー。通販番組のディレクターやブライダルプランナー、ハーブカフェやドヤ街に立つゲストハウスなど、多種多彩なテーマを軽やかな筆致で描く。主な著書に『魔法使いのハーブティー』『招き猫神社のテンテコ舞いな日々』『夢見るレシピ ゲストハウスわすれな荘』『ボタニカル』がある。

»この著者の作品一覧へ

朗読者情報

兼高美雪 兼高美雪

女優・声優・司会・ナレーター・作詞家・新井製作所所員
元 劇団21世紀FOX出身。劇団員として活動しつつ、声優としても活動。近年では趣味のプラモデルをきっかけに「ワンフェス」「新井製作所」などでも活躍。
また、さかもとえいぞう。川村ゆみ、榊原ゆいさんなどへ、歌詞提供なども行っている

趣味は、日本舞踊(菊間流名取)、プラモデル、パン作り。路面電車

主な出演作:
劇団21世紀FOX公演
舞台 ソラリネ。「ニンギョヒメ」シーム役
DVD「アメリカンエアショー」ナレーション
オペラ「フィガロの結婚」ナレーション
アニメ「ブレイド」
ゲーム「シェルノサージュ」「フェアリーフェンサーF」
イベント「田部井淳子 講演会」司会、「趣味人倶楽部フォーラム」司会

»この朗読者の作品一覧へ