レビューはこちらから投稿いただけます。

※投稿頂きました内容は、当サイトや告知活動にて使用させていただきますので、あらかじめご了承ください。
※ネタバレを含む内容があった場合、編集させていただくことがございます。ご了承ください。
※30文字以上でご入力ください。

文字数:0

投稿する

×
おやゆび姫

おやゆび姫

著者: ハンス・クリスチャン・アンデルセン, 大久保 ゆう

朗読: 秋共憬希

総朗読時間:56分06秒

【内容紹介】
むかし、一人の女の人がいました。その女の人はかわいい子どもをさずかりたいと思っていました。けれども、願いはいっこうにかないませんでした。心から強く願っても、かないませんでした。日々をすごすうち、ついにいてもたってもいられなくなって、魔法使いのおばあさんのところへ行きました――

<版権表示>
(c) 2001-2017 OKUBO Yu
おやゆび姫スマートフォンページ

ご購入いただいたコンテンツはスマートフォンでもお楽しみいただけます。
スマートフォンの場合、ダウンロードして聴ける『KikubonPlayerアプリ』をご利用いただけます。
(タブレット(iOS、Android)、iPod Touchにも対応)
左記QRコード、または下記アドレスよりアクセスできます!
http://kikubon.jp/product.php?aKey=244

目次

  • おやゆび姫
    朗読時間:56分06秒

おやゆび姫スマートフォンページ

ご購入いただいたコンテンツはスマートフォンでもお楽しみいただけます。
スマートフォンの場合、ダウンロードして聴ける『KikubonPlayerアプリ』をご利用いただけます。
(タブレット(iOS、Android)、iPod Touchにも対応)
左記QRコード、または下記アドレスよりアクセスできます!
http://kikubon.jp/product.php?aKey=244

twitterボタン facebookでシェアする mixiチェック googleプラスシェア

著者情報

ハンス・クリスチャン・アンデルセン

デンマークの童話作家。文学者。詩人。「即興詩人」を著し反響を呼ぶ。
1835年に「童話集」を発表し、以降死去するまでの間に多くの童話を書く。
代表作は、「人魚姫」「裸の王様」「みにくいアヒルの子」「マッチ売りの少女」ほか。

»この著者の作品一覧へ
大久保 ゆう

翻訳研究者&翻訳家、大学助教。
古典のライトノベル風新訳、諸外国の童話・ジュブナイル翻訳、イギリス18世紀~20世紀初頭の大衆文学の翻訳、「キャラ」の立ったエンターテイメント向け翻訳、演劇や舞台等の台本翻訳、朗読や講演等の原稿翻訳を得意とする。

»この著者の作品一覧へ

朗読者情報

秋共憬希 秋共憬希

(あきともけいき)
声優 ナレーター

■主な出演作
<オーディオブック>
「アンデルセン童話全集 はだかの王様と88のおはなし」
<You tube>
「ピーピングライフ-World History#31天竺からの帰還」三蔵法師役
<webアニメ>
「ネット社会の歩き方」小学校の先生、お母さん
<ゲーム>
「テストドライブアンリミテッド」キャッシャー役
<教材用ビデオ、DVD>
「アサーショントレーニング」紺野ひかる役など
「メンタルヘルス対策啓発DVD」吉本恵子役
「サイバー犯罪防止教室用DVD」ネットバンク担当者役
「人権啓発ビデオ 私たちの声が聴こえますか」副音声

■その他の活動
住宅展示場のイベントに紙芝居で参加
「ひだまりの樹」朗読会に参加

»この朗読者の作品一覧へ

レビュー

  • 2018年09月12日

    子どもと一緒に聞きました。とっても聞きやすくて、物語の表現が想像しやすいです。絵本で見たものと内容は同じなのに、少し違うところもまた素敵です。

このシリーズの他の作品他の作品も見る