高瀬舟

高瀬舟

著者: 森鴎外

朗読: いけながあいみ

総朗読時間:29分54秒

ジャンル: 文学・詩歌

高瀬舟スマートフォンページ

「kikubon」はスマートフォン向けサービスです。
スマートフォンは左記QRコード、または下記アドレスよりアクセスできます!
http://kikubon.jp/sp/product.php?aKey=26

【内容紹介】

森鴎外の短編小説。弟殺しの罪で島送りとなる喜助。彼を高瀬舟で護送する同心の羽田庄兵衛。同心は罪人である喜助の晴れやかな態度に疑問を持ち、理由を聞く。喜助は島送りに当たって二百文の銭をもらったと喜んでいる。また、弟殺しの経緯を聞くにおよんで、これが果たして殺人に当たるかどうか。同心、羽田は疑問を感じる。

twitterボタン facebookでシェアする googleプラスシェア mixiチェック

目次

  • 高瀬舟【朗読時間:29分54秒

著者情報

森鴎外

本名林太郎。石見国鹿足郡津和野町(現・島根県鹿足郡津和野町)生まれ。代々津和野藩亀井家の典医の家柄で、鴎外もその影響から第一大学区医学校(現・東大医学部)予科に入学。そして、両親の意に従い陸軍軍医となる。1884(明治17)年から5年間ドイツに留学し衛生学などを学ぶ。「舞姫」「うたかたの記」「文づかひ」「大発見」「ヰタ・セクスアリス」などに、そのドイツ時代の鴎外を見て取ることができる。その後、陸軍軍医総監へと地位を上り詰めるが、創作への意欲は衰えず、「高瀬舟」「阿部一族」などの代表作を発表する。
»この著者の作品一覧へ

朗読者情報

いけながあいみ

いけながあいみ

声優・女優
■ラジオ
『ハピラジ!』メインパーソナリティ
『クマ・トモ らじおのじかん』メインパーソナリティ
»この朗読者の作品一覧へ