疑惑

疑惑

著者: 芥川龍之介

朗読: 小松渚

総朗読時間:45分39秒

ジャンル: 文学・詩歌

疑惑スマートフォンページ

「kikubon」はスマートフォン向けサービスです。
スマートフォンは左記QRコード、または下記アドレスよりアクセスできます!
http://kikubon.jp/sp/product.php?aKey=50

【内容紹介】

実践倫理学の講義を依頼された著者は、一週間ほど岐阜県下の大垣町へ滞在していた。予定の講演日数が終わろうとしていたある夜、突然襖が無気味なほど静に明いて、男が一人。中村玄道(なかむらげんどう)と名乗る男は、著者に自分の身の上話を聴いてほしいと頼む。男が語り始めた身の上話とは―。

twitterボタン facebookでシェアする googleプラスシェア mixiチェック

目次

  • 疑惑【朗読時間:45分39秒

著者情報

芥川龍之介

東大在学中に同人雑誌「新思潮」に発表した「鼻」を漱石が激賞し、文壇で活躍するようになる。王朝もの、近世初期のキリシタン文学、江戸時代の人物・事件、明治の文明開化期など、さまざまな時代の歴史的文献に題材をとり、スタイルや文体を使い分けたたくさんの短編小説を書いた。体力の衰えと「ぼんやりした不安」から自殺。その死は大正時代文学の終焉と重なっている。
»この著者の作品一覧へ

朗読者情報

小松渚

小松渚

声優・ナレーター
ラジオ『ハピラジ!』メインパーソナリティ
TV『韓chu』ナレーション
»この朗読者の作品一覧へ