オーディオブックを声優の声と演技で楽しむ朗読サイト!SF・ミステリ・ファンタジー! 耳で聴く本(キクホン)

無料で聴けるオーディオブックがたくさん!SF/ミステリ/ファンタジー
声優・ナレーターが朗読する聴く本

レビューはこちらから投稿いただけます。

※投稿頂きました内容は、当サイトや告知活動にて使用させていただきますので、あらかじめご了承ください。

投稿する

×
判決

判決

著者: フランツ・カフカ, 原田義人

朗読: 新居祐一

総朗読時間:39分54秒

【内容紹介】
ペテルブルクに移住した友人に手紙を書いたことを父に報告しにいくゲオルグだが、そこで父から秘密裏に進行していた事情を知らされる。

DAS URTEILからの原田義人による翻訳。
判決スマートフォンページ

ご購入いただいたコンテンツはスマートフォンでお楽しみください。
(タブレット(iOS、Android)、iPod Touchにも対応)
左記QRコード、または下記アドレスよりアクセスできます!
http://kikubon.jp/product.php?aKey=64

目次

  • 判決
    朗読時間:39分54秒

判決スマートフォンページ

ご購入いただいたコンテンツはスマートフォンでお楽しみください。
(タブレット(iOS、Android)、iPod Touchにも対応)
左記QRコード、または下記アドレスよりアクセスできます!
http://kikubon.jp/product.php?aKey=64

twitterボタン facebookでシェアする mixiチェック googleプラスシェア

著者情報

フランツ・カフカ

Franz Kafka, 1883年7月3日~1924年6月3日

出生地に即せば現在のチェコ出身のドイツ語作家。プラハのユダヤ人の家庭に生まれ、法律を学んだのち保険局に勤めながら作品を執筆、どこかユーモラスで浮ついたような孤独感と不安の横溢する、夢の世界を想起させるような[1]独特の小説作品を残した。その著作は数編の長編小説と多数の短編、日記および恋人などに宛てた膨大な量の手紙から成り、純粋な創作はその少なからぬ点数が未完であることで知られている。
生前は『変身』など数冊の著書がごく限られた範囲で知られるのみだったが、死後中絶された長編『審判』『城』『失踪者』を始めとする遺稿が友人マックス・ブロートによって発表されて再発見・再評価をうけ、特に実存主義的見地から注目されたことによって世界的なブームとなった。現在ではジェイムズ・ジョイス、マルセル・プルーストと並び20世紀の文学を代表する作家と見なされている[2]。

■脚注、出典
[1]若林「カフカ・キーワード 夢の形式」『カフカ事典』、201頁-202頁
[2]城山、1頁~ウィキペディアより ~

»この著者の作品一覧へ
原田義人

昭和時代後期のドイツ文学者。
大正7年8月5日生まれ。昭和23年加藤周一らと「方舟(はこぶね)」を発行、編集を担当する。29年ハンブルク大日本語講師としてドイツにわたる。カフカ、ブロッホらに関心をもち、ドイツ現代文学を紹介した。母校東大の教授となって1ヵ月後の昭和35年8月1日死去。41歳。遺著に「反神話の季節」。東京出身。著訳書に「現代ドイツ文学論」、カフカ「審判」など。

»この著者の作品一覧へ

朗読者情報

新居祐一 新居祐一

声優・ナレーター
■代表出演作品
<ナレーション>
NHK 「カレンダークイズ あぁ思い出せない」
NHK 「にっぽん 釣りの旅」
千葉テレビ「ハピはぴモーニング~ハピモ~」(月・水・金曜日担当)(生ナレーションレギュラー)
TBS 「ジャスト」
TX「レディス4」(生ナレーション)
BS日テレ「眞鍋かをりのブログッズ」
<WEB>
「JAXA 宇宙航空開発研究機構」
ミランカ「Oh!バカちゃんぴおん」
CRスーパー海物語IN沖縄3「実機バトル祭り」

第48回科学技術映像祭 「『はやぶさ』の大いなる挑戦!~世界初の小惑星サンプルリターン~」

»この朗読者の作品一覧へ

このシリーズの他の作品他の作品も見る