レビューはこちらから投稿いただけます。

※投稿頂きました内容は、当サイトや告知活動にて使用させていただきますので、あらかじめご了承ください。

投稿する

×
嗤う淑女

出版社:実業之日本社

嗤う淑女

著者: 中山七里

朗読: 浅井晴美

総朗読時間:9時間57分04秒

試聴:
【内容紹介】
“稀代の悪女”=蒲生美智留(がもう・みちる)。
天賦の美貌と巧みな話術で、人々の人生を狂わせる――


野々宮恭子のクラスに、従姉妹の蒲生美智留が転校してきたのは中一の秋だった。美智留によって、イジメと再生不良性貧血という難病から救われた恭子は、美智留の美貌や明晰さに憧れ、心酔していく。やがてある出来事をきっかけに、二人は大きな秘密を共有するに至った。

時を経て、27歳になった美智留は「生活プランナー」を名乗り、経済的不安を抱える顧客へのコンサルタント業を行なっていた。アシスタントは恭子だ。ストレス解消の散財によって借金を抱える銀行員の紗代、就職活動に失敗して家業を手伝う弘樹、働かない夫と育ちざかりの娘を抱え家計に困窮する佳恵……美智留は「あなたは悪くない」と解決法を示唆するが……。人々はどのようにして美智留の罠に堕ちてゆくのか。美智留とは何者なのか!? 奇才が描くノンストップ・ダークヒロイン・ミステリー。
嗤う淑女スマートフォンページ

ご購入いただいたコンテンツはスマートフォンでお楽しみください。
(タブレット(iOS、Android)、iPod Touchにも対応)
左記QRコード、または下記アドレスよりアクセスできます!
http://kikubon.jp/product.php?aKey=112

目次

  • 一 野々宮恭子
    朗読時間:1時間54分28秒

  • 二 鷺沼紗代
    朗読時間:1時間59分31秒

  • 三 野々宮弘樹
    朗読時間:1時間55分12秒

  • 四 古巻佳恵
    朗読時間:1時間59分44秒

  • 五 蒲生美智留
    朗読時間:2時間08分09秒

嗤う淑女スマートフォンページ

ご購入いただいたコンテンツはスマートフォンでお楽しみください。
(タブレット(iOS、Android)、iPod Touchにも対応)
左記QRコード、または下記アドレスよりアクセスできます!
http://kikubon.jp/product.php?aKey=112

twitterボタン facebookでシェアする mixiチェック googleプラスシェア

ご購入のコンテンツはスマートフォンまたはタブレットのみ対応となります。
※PCで聴くことはできませんので、ご注意ください。

購入(1,600pt)

著者情報

中山七里

1961年岐阜県生まれ。2009年、『さよならドビュッシー』で第8回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、翌年デビュー。同作はシリーズ化され、のちに映像化も。『連続殺人鬼 カエル男』『贖罪の奏鳴曲』『切り裂きジャックの告白』『七色の毒』『追憶の夜想曲』『アポロンの嘲笑』『テミスの剣』『月光のスティグマ』など著書多数。

»この著者の作品一覧へ

朗読者情報

浅井晴美 浅井晴美

声優・ナレーター
■代表出演作品
<吹き替え>
「ライフ・オブ・クライム」ミッキー役(ジェニファー・アニストン)
「ぼくを探しに」マダム・プルースト役(アンヌ・ル・ニ)
「泥棒は幸せのはじまり」ダイアナ役(メリッサ・マッカーシー)
「ダーク・タイド」ケイト役(ハル・ベリー)
「噂のギャンブラー」チューリップ役(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)
「T.I.M.」ティボル少年役
「子鹿物語」ジョディ少年役[PDDVD版]
「アラバマ物語」ジェム少年役・メイエラ役ほか[PDDVD版]

<アニメ>
「あたしンち」浅田役
「忍たま乱太郎」利梵役
「恋姫†無双」シリーズ 夏侯惇役
「フルーツバスケット」木之下南役
「鉄コン筋クリート」阿久津役
「れいぞうこのくにのココモン2」キャンディパン役
「フォスターズ・ホーム」フランキー役
「ドーラといっしょにだいぼうけん」リュック君役

<ボイスオーバー>
「未来世紀ジパング」(テレビ東京)
「BS世界のドキュメンタリー」(NHKBS1)

<ナレーション>
「声に出して伝えたいオカン偉人伝」(関西テレビ)
「関根勤の夢見るすぽると」(フジテレビ)
「ナショナルジオグラフィック」

»この朗読者の作品一覧へ

レビュー一覧

  • 2016年05月25日

    自分が購入したkikubon作品の中でもベスト5には入れたいお話です。内容は他の方も書いていらっしゃる通り少し重めですが、それでも気にならず、楽しめました!!

  • 2016年05月20日

    朗読で初めて聴きました。声優さんのお芝居がとてもステキです。
    内容は少し重く、ちょっと怖い感じですが、とても楽しめました。