無料オーディオブックがたくさん!耳で聴く本(きく本) kikubon(キクボン)| 声優・ナレーターの声と演技で楽しむ朗読サイト!SF・ミステリ・ファンタジー! 

無料で聴けるオーディオブックがたくさん!SF/ミステリ/ファンタジー
声優・ナレーターが朗読する聴く本

レビューはこちらから投稿いただけます。

※投稿頂きました内容は、当サイトや告知活動、一部SNSなどでご紹介させていただく場合がございます、あらかじめご了承ください。
※ネタバレを含む内容があった場合、編集させていただくことがございます。ご了承ください。
※30文字以上でご入力ください。

文字数:0

投稿する

×
なめとこ山の熊

なめとこ山の熊

著者: 宮沢賢治

朗読: 珠宮夕貴

総朗読時間:26分59秒

ジャンル:文学・詩歌

サンプル試聴:
【内容紹介】
宮沢賢治による童話

なめとこ山の熊のことならおもしろい。なめとこ山は大きな山だ。淵沢川はなめとこ山から出て来る。なめとこ山は一年のうち大ていの日はつめたい霧か雲かを吸ったり吐いたりしている。まわりもみんな青黒いなまこや海坊主のような山だ。山のなかごろに大きな洞穴ががらんとあいている。そこから淵沢川がいきなり三百尺ぐらいの滝になってひのきやいたやのしげみの中をごうと落ちて来る。

※本作品中には、今日からすると不適切な表現が見られますが、作品の時代背景と著者の意図を尊重し、そのままの形で配信いたします。

※本作品中には、今日からすると不適切な表現が見られますが、作品の時代背景と著者の意図を尊重し、そのままの形で配信いたします。

なめとこ山の熊スマートフォンページ

ご購入いただいたコンテンツはスマートフォンでもお楽しみいただけます。
スマートフォンの場合、ダウンロードして聴ける『KikubonPlayerアプリ』をご利用いただけます。
(タブレット(iOS、Android)、iPod Touchにも対応)
左記QRコード、または下記アドレスよりアクセスできます!
https://kikubon.jp/product.php?aKey=470

目次

  • なめとこ山の熊
    朗読時間:26分59秒

なめとこ山の熊
なめとこ山の熊スマートフォンページ

ご購入いただいたコンテンツはスマートフォンでもお楽しみいただけます。
スマートフォンの場合、ダウンロードして聴ける『KikubonPlayerアプリ』をご利用いただけます。
(タブレット(iOS、Android)、iPod Touchにも対応)
左記QRコード、または下記アドレスよりアクセスできます!
https://kikubon.jp/product.php?aKey=470

twitterボタン facebookでシェアする mixiチェック

※PCではストリーミング配信のみとなります。

一括購入(0pt)

著者情報

宮沢賢治

1896年岩手県に生まれる。盛岡高等農林学校卒。稗貫農学校の教諭をしながら1924年に「春と修羅(詩集)」「注文の多い料理店(童話集)」を刊行。生前刊行されたのはこれのみで、作品群が広く知られ国民的作家となるのは没後。
農学校を依願退職した後、羅須地人協会を設立。農民の生活向上に努めた。
代表作は「銀河鉄道の夜」「注文の多い料理店」「雨ニモマケズ」ほか。

»この著者の作品一覧へ

朗読者情報

珠宮夕貴 珠宮夕貴

声優。アーツビジョン所属。

<TVアニメ>
競女!!!!!!!!
プラスティックメモリーズ
ラブライブ!サンシャイン
NEW GAME!!
Re:CREATORS/レクリエイターズ
パズドラクロス

<外画アニメ>
トムとジェリー ショー

<外画ドラマ>
ハンドメイズ・テイル/侍女の物語
Reboot ガーディアン・コード
ハンドレッド4~
ブラックミラー2
ラブ2(ペイジ)
ヴァイキング〜海の覇者たち〜2~(ウベ、他)
フランケンシュタイン・クロニクルズ
スクリーム・クイーンズ2
MACGYVER/マクガイバー
THE FLASH / フラッシュ 3

<CDドラマ>
不機嫌なモノノケ庵

<ゲーム>
逆転オセロニア(アストライア)
封印勇者!マイン島と空の迷宮
円環のパンデミカ code-S(三刀屋メイカ)
Helix Herizon - ヘリックス ホライゾン
姫王と最後の騎士団

<その他>
週刊みらい文庫ちゃんねる「戦国ベースボール」(山田虎太郎)
たったひとつの君との約束」(大木ひかり)

»この朗読者の作品一覧へ

レビュー

  •  長い年月がたって久しぶりに読み直してみました。熊と小十郎の会話の中で命と向き合う 命とはどういう事なのかを再考させられました。また、賢治さんの職業猟師に対する考え方 資本主義経済における搾取性に関する貴重な話を感じる事が出来たと思います。さらに語っていくとネタバレまでたどりつきそうなので後は読んでからの楽しみとしたいと思います。

このシリーズの他の作品他の作品も見る