無料オーディオブックがたくさん!耳で聴く本(きく本) kikubon(キクボン)| 声優・ナレーターの声と演技で楽しむ朗読サイト!SF・ミステリ・ファンタジー! 

無料で聴けるオーディオブックが290冊以上!SF/ミステリ/ファンタジー
声優・ナレーターが朗読する聴く本

レビューはこちらから投稿いただけます。

※投稿頂きました内容は、当サイトや告知活動、一部SNSなどでご紹介させていただく場合がございます、あらかじめご了承ください。
※ネタバレを含む内容があった場合、編集させていただくことがございます。ご了承ください。
※30文字以上でご入力ください。

文字数:0

投稿する

×
硝子の塔の殺人

硝子の塔の殺人

著者: 知念実希人

朗読: 浅井晴美

総朗読時間:18時間53分51秒

ジャンル:推理・ミステリ・サスペンス・ホラー

サンプル試聴:
【内容紹介】
2022年 本屋大賞ノミネート作品!
ミステリを愛するすべての人へ

雪深き森で、燦然と輝く、硝子の塔。
地上11階、地下1階、唯一無二の美しく巨大な尖塔だ。
ミステリを愛する大富豪の呼びかけで、
刑事、霊能力者、小説家、料理人など、
一癖も二癖もあるゲストたちが招かれた。
この館で次々と惨劇が起こる。
館の主人が毒殺され、
ダイニングでは火事が起き血塗れの遺体が。
さらに、血文字で記された十三年前の事件……。
謎を追うのは名探偵・碧月夜と医師・一条遊馬。
散りばめられた伏線、読者への挑戦状、
圧倒的リーダビリティ、そして、驚愕のラスト。
著者初の本格ミステリ長編、大本命!
硝子の塔の殺人スマートフォンページ

ご購入いただいたコンテンツはスマートフォンでもお楽しみいただけます。
スマートフォンの場合、ダウンロードして聴けるアプリ「kikubon(キクボン)」(無料)をご利用いただけます。
(タブレット(iOS、Android)、iPod Touchにも対応)
左記QRコード、または下記アドレスよりアクセスできます!
https://kikubon.jp/product.php?aKey=659

目次

  • プロローグ
    朗読時間:3分0秒

  • 一日目 1
    朗読時間:2時間6分30秒

  • 一日目 2
    朗読時間:1時間13分52秒

  • 二日目 1
    朗読時間:58分15秒

  • 二日目 2
    朗読時間:44分16秒

  • 二日目 3
    朗読時間:1時間11分35秒

  • 二日目 4
    朗読時間:48分50秒

  • 二日目 5
    朗読時間:1時間13分53秒

  • 二日目 6
    朗読時間:1時間10分18秒

  • 三日目 1
    朗読時間:2時間18分32秒

  • 三日目 2
    朗読時間:15分34秒

  • 三日目 3
    朗読時間:28分05秒

  • 三日目 4
    朗読時間:21分37秒

  • 最終日 1
    朗読時間:2時間4分30秒

  • 最終日 2
    朗読時間:23分19秒

  • 最終日 3
    朗読時間:45分34秒

  • 最終日 4
    朗読時間:2時間25分50秒

  • 最終日 5
    朗読時間:8分49秒

  • エピローグ
    朗読時間:10分16秒

  • 登場人物
    朗読時間:1分8秒

硝子の塔の殺人
硝子の塔の殺人スマートフォンページ

ご購入いただいたコンテンツはスマートフォンでもお楽しみいただけます。
スマートフォンの場合、ダウンロードして聴けるアプリ「kikubon(キクボン)」(無料)をご利用いただけます。
(タブレット(iOS、Android)、iPod Touchにも対応)
左記QRコード、または下記アドレスよりアクセスできます!
https://kikubon.jp/product.php?aKey=659

twitterボタン facebookでシェアする mixiチェック

※PCではストリーミング配信のみとなります。

購入(2,500pt)

著者情報

知念実希人

1978年、沖縄県生まれ。東京都在住。東京慈恵会医科大学卒、日本内科学会認定医。2011年、第4回島田荘司選ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を『レゾン・デートル』で受賞。12年、同作を改題、『誰がための刃』で作家デビュー(19年『レゾンデートル』として文庫化)。「天久鷹央」シリーズが人気を博し、15年『仮面病棟』が啓文堂文庫大賞を受賞、ベストセラーに。『崩れる脳を抱きしめて』『ひとつむぎの手』『ムゲンのi(上・下)』で、18年、19年、20年本屋大賞連続ノミネート。『螺旋の手術室』『優しい死神の飼い方』『時限病棟』『リアルフェイス』『レフトハンド・ブラザーフッド』『誘拐遊戯』『十字架のカルテ』など著書多数。今もっとも多くの読者に支持される、最注目のミステリー作家。(2020年8月現在)

»この著者の作品一覧へ

朗読者情報

浅井晴美 浅井晴美

声優・ナレーター
■代表出演作品
<吹き替え>
「ライフ・オブ・クライム」ミッキー役(ジェニファー・アニストン)
「ぼくを探しに」マダム・プルースト役(アンヌ・ル・ニ)
「泥棒は幸せのはじまり」ダイアナ役(メリッサ・マッカーシー)
「ダーク・タイド」ケイト役(ハル・ベリー)
「噂のギャンブラー」チューリップ役(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)
「T.I.M.」ティボル少年役
「子鹿物語」ジョディ少年役[PDDVD版]
「アラバマ物語」ジェム少年役・メイエラ役ほか[PDDVD版]

<アニメ>
「あたしンち」浅田役
「忍たま乱太郎」利梵役
「恋姫†無双」シリーズ 夏侯惇役
「フルーツバスケット」木之下南役
「鉄コン筋クリート」阿久津役
「れいぞうこのくにのココモン2」キャンディパン役
「フォスターズ・ホーム」フランキー役
「ドーラといっしょにだいぼうけん」リュック君役

<ボイスオーバー>
「未来世紀ジパング」(テレビ東京)
「BS世界のドキュメンタリー」(NHKBS1)

<ナレーション>
「声に出して伝えたいオカン偉人伝」(関西テレビ)
「関根勤の夢見るすぽると」(フジテレビ)
「ナショナルジオグラフィック」

»この朗読者の作品一覧へ

レビュー

  • この作品を聞き進めていく中で、変に引っ掛かる箇所があったり、なんとなく違和感を感じたり、肩すかしに戸惑ったり、といった事があった。僕はそれらをもとにして、真犯人が誰なのかを想像していた。クライマックスに入りだんだん明かされていく真相。「僕の想像もあながち的はずれではなかったみたい」 ワクワクしながら聞いていた。ところが···実際には 「ん? あれ? あれ?」と驚くばかりだった。僕の想像が完全に間違っていたわけではない。方向性は悪くなかった。それは、僕が全く想像をしていなかった大きな仕掛けがこの『硝子の塔の殺人』には存在していたのだ。驚愕の過去も存在していた。登場人物たちの心情に想いを馳せた。彼らそれぞれが起こす行動に問答無用に引き込まれた。そして、この物語の全てを聞き終える。しばらく僕は物語の余韻に浸っていた。すごく良かった。本当に面白かった。少し時間をあけた上で、この作品をあらためて聞くつもり。絶対確実に今回とは異なる楽しみ方になる。とても楽しみにしてる。