レビューはこちらから投稿いただけます。

※投稿頂きました内容は、当サイトや告知活動にて使用させていただきますので、あらかじめご了承ください。
※ネタバレを含む内容があった場合、編集させていただくことがございます。ご了承ください。
※30文字以上でご入力ください。

文字数:0

投稿する

×
ラインの虜囚

ラインの虜囚

著者: 田中芳樹

朗読: 浅井晴美

総朗読時間:5時間50分51秒

サンプル試聴:
【内容紹介】
【うつのみやこども賞】受賞作品!

1830年冬のパリ。「ライン河までいき、双角獣の塔に幽閉されている人物の正体をしらべよ」という老伯爵の無理難題に、カナダから来た少女コリンヌの長き冒険の旅が始まった! 仲間は酔いどれ剣士、カリブの海賊王、若き自称天才作家。行く手には悪名高き悪党たちが待ち受けている。一行は無事にたどり着けるのか? そして奇怪な塔にいる仮面の虜囚は死んだはずのナポレオン!?

【うつのみやこども賞】とは
宇都宮市立中央図書館と宇都宮子どもの本連絡会により、昭和59年から実施されている児童文学賞。
毎年公募により選定委員となった子どもたちが、実際に読み、子どもたち自身が協議して選んだ作品に贈る賞。
ラインの虜囚スマートフォンページ

ご購入いただいたコンテンツはスマートフォンでもお楽しみいただけます。
スマートフォンの場合、ダウンロードして聴ける『KikubonPlayerアプリ』をご利用いただけます。
(タブレット(iOS、Android)、iPod Touchにも対応)
左記QRコード、または下記アドレスよりアクセスできます!
http://kikubon.jp/product.php?aKey=82

目次

ラインの虜囚スマートフォンページ

ご購入いただいたコンテンツはスマートフォンでもお楽しみいただけます。
スマートフォンの場合、ダウンロードして聴ける『KikubonPlayerアプリ』をご利用いただけます。
(タブレット(iOS、Android)、iPod Touchにも対応)
左記QRコード、または下記アドレスよりアクセスできます!
http://kikubon.jp/product.php?aKey=82

twitterボタン facebookでシェアする mixiチェック googleプラスシェア

※PCではストリーミング配信のみとなります。

一括購入(1,400pt)

著者情報

田中芳樹

1952年熊本県生まれ。学習院大学大学院修了。1978年「緑の草原に…」で幻影城新人賞を受賞しデビュー。1988年『銀河英雄伝説』で第19回星雲賞を受賞。代表作に『創竜伝』『マヴァール年代記』『アルスラーン戦記』『薬師寺涼子の怪奇事件簿』シリーズの他、『ラインの虜囚』など著作多数。

»この著者の作品一覧へ

朗読者情報

浅井晴美 浅井晴美

声優・ナレーター
■代表出演作品
<吹き替え>
「ライフ・オブ・クライム」ミッキー役(ジェニファー・アニストン)
「ぼくを探しに」マダム・プルースト役(アンヌ・ル・ニ)
「泥棒は幸せのはじまり」ダイアナ役(メリッサ・マッカーシー)
「ダーク・タイド」ケイト役(ハル・ベリー)
「噂のギャンブラー」チューリップ役(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)
「T.I.M.」ティボル少年役
「子鹿物語」ジョディ少年役[PDDVD版]
「アラバマ物語」ジェム少年役・メイエラ役ほか[PDDVD版]

<アニメ>
「あたしンち」浅田役
「忍たま乱太郎」利梵役
「恋姫†無双」シリーズ 夏侯惇役
「フルーツバスケット」木之下南役
「鉄コン筋クリート」阿久津役
「れいぞうこのくにのココモン2」キャンディパン役
「フォスターズ・ホーム」フランキー役
「ドーラといっしょにだいぼうけん」リュック君役

<ボイスオーバー>
「未来世紀ジパング」(テレビ東京)
「BS世界のドキュメンタリー」(NHKBS1)

<ナレーション>
「声に出して伝えたいオカン偉人伝」(関西テレビ)
「関根勤の夢見るすぽると」(フジテレビ)
「ナショナルジオグラフィック」

»この朗読者の作品一覧へ

レビュー

  • 2018年11月13日

    章題で経過も見やすくて、話を巻き戻しながら聞くのには有難い題名で気に入りました。お恥ずかしながら、田中芳樹の本は読んだ事がないので、こんな感じの作りだったらもっと見たいと、もっと早くに知っていればとも思いました。内容は空想も含まれていますが、その発想を題材にするのも面白いと思いました。戦闘シーンも動きが繊細に表現しているところも高揚しながら聞けました。