オーディオブックを声優・ナレーターの声と演技で楽しむ朗読サイト!SF・ミステリ・ファンタジー! 耳で聴く本(キクホン)

無料で聴けるオーディオブックがたくさん!SF/ミステリ/ファンタジー
声優・ナレーターが朗読する聴く本

The Heroic Legend of Arslan『アルスラーン戦記』 田中芳樹 著

The Heroic Legend of Arslan
『アルスラーン戦記』 田中芳樹 著

【シリーズ累計600万部】中世ペルシアによく似た異世界の英雄物語――。
戦士、魔道士、謎の銀仮面そして妖艶な美女……。際だつ登場人物たちが織りなす超絶ヒロイック・ファンタジー小説!
『kikubon』にて、声優:下山吉光の迫力の朗読絶賛配信中!

【シェアする】 twitterボタン facebookでシェアする googleプラスシェア mixiチェック

イントロダクション

東西につらぬく「大陸公路」の重要な中継点、エクバターナを首都とし、猛勇なる騎士団をも誇る強大なパルス王国。
パルスの富を狙う宗教国家ルシタニアの侵攻に、不敗の国王アンドラゴラス3世が自ら軍を率いてアトロパテネの野に侵略軍をむかえうつ。
王太子アルスラーン初陣。ときに十四歳。

勝利を確信していたパルス軍であったが、ルシタニアの策略に落ちて大敗、パルス国王・不敗の猛将アンドラゴラス3世は捕虜となり、王都エクバターナもルシタニア軍の手に落ちてしまう。
強国パルスをたった1日で滅亡へと追いやったルシタニア軍。その裏には謎の男、銀仮面の暗躍が…。

死屍累々の戦場から、からくも脱出した王太子アルスラーン。「マルダーンフ・マルダーン(戦士のなかの戦士)」の異名をもつダリューン、孤高の策士ナルサスを従えて、王都奪還へと旅立つ!

運命に翻弄されながら、それぞれの思惑が絡み合い、物語は予期せぬ方向へ。パルスの行く末は?王太子アルスラーンと仲間たちの運命は?
二つの正義がぶつかるとき、歴史が動き始める――。
戦士、魔道士、謎の銀仮面、そして妖艶な美女……。際立つ登場人物たちが織りなす超絶ヒロイック・ファンタジー小説!

登場人物

  • アルスラーン……パルス王国第十八代国王(シャーオ)アンドラゴラス三世の王子
  • アンドラゴラス三世……パルス国王
  • タハミーネ……アンドラゴラスの妻でアルスラーンの母
  • ダリューン……アルスラーンにつかえる万騎長(マルズバーン)。異称「戦士のなかの戦士(マルダーンフ・マルダーン)」
  • ナルサス……アルスラーンにつかえる、もとダイラム領主。未来の宮廷画家
  • ギーヴ……アルスラーンにつかえる、自称「旅の楽士」
  • ファランギース……アルスラーンにつかえる女神官(カーヒーナ)
  • エラム……ナルサスの侍童(レータク)
  • イノケンティス七世……パルスを侵略したルシタニアの国王
  • ギスカール……ルシタニアの王弟
  • ボダン……ルシタニア国王につかえる、イアルダボート教の大司教
  • 銀仮面の男……ルシタニア軍に属する謎の男
  • 暗灰色の衣の魔道士……?
  • ザッハーク……蛇王

用語集

シャーオ………………………国王 マルズバーン…………………万騎長
カーヒーナ……………………女神官 レータク………………………侍童
シールギール…………………獅子狩人 ワースプフラーン……………王族
ワズルガーン…………………貴族 シャフルダーラーン…………諸侯
アーザーターン………………騎士 アーザート……………………自由民
ゴラーム………………………奴隷 アタナトイ……………………不死隊
エーラーン……………………大将軍 フラマータール………………宰相
デイビール……………………書記官 ザンジ…………………………黒人奴隷
ファルサング…………………長さの単位(1ファルサングは約5km) アマージ………………………長さの単位(1アマージは約250m)
ガズ……………………………長さの単位(1ガズは約1m) デーナール……………………金貨
ドラフム………………………銀貨 ミスカール……………………銅貨
セリカ…………………………絹の国 ウード…………………………琵琶
バルバド………………………竪琴 アキナケス……………………短剣
シャヒーン…………………… ナビード………………………葡萄酒
フカー…………………………麦酒 インクイシチア………………異端審問官
テンペレシオンス……………聖堂騎士団 ムルル…………………………油薬
デイーマース…………………地下牢 ジン……………………………精霊
ライシャール…………………水晶笛 ガジャル………………………ジプシー
アズライール…………………告死天使 スルーシ………………………告命天使
「ヤシャスィーン!」………パルス軍の号令「全軍突撃!」の意