三四郎

三四郎

著者: 夏目漱石

朗読: 兼高美雪

ジャンル: 文学・詩歌

三四郎スマートフォンページ

「kikubon」はスマートフォン向けサービスです。
スマートフォンは左記QRコード、または下記アドレスよりアクセスできます!
http://kikubon.jp/sp/product.php?aKey=107

【内容紹介】

夏目漱石の長編小説である。1908年(明治41年)、「朝日新聞」に9月1日から12月29日にかけて連載。翌年5月に春陽堂から刊行された。『それから』『門』へと続く前期三部作の一つ。全13章。

九州の田舎(福岡県の旧豊前側)から出てきた小川三四郎が、都会の様々な人との交流から得るさまざまな経験、恋愛模様が描かれている。

twitterボタン facebookでシェアする googleプラスシェア mixiチェック

目次

  • 一【朗読時間:34分11秒
  • 二【朗読時間:27分29秒
  • 三【朗読時間:59分05秒
  • 四【朗読時間:1時間10分38秒
  • 五【朗読時間:38分43秒
  • 六【朗読時間:54分24秒

著者情報

夏目漱石

慶応3年1月5日(新暦2月9日)江戸牛込馬場下横町に生まれる。本名は夏目金之助。帝国大学文科大学(東京大学文学部)を卒業後、東京高等師範学校、松山中学、第五高等学校などの教師生活を経て、1900年イギリスに留学する。帰国後、第一高等学校で教鞭をとりながら、1905年処女作「吾輩は猫である」を発表。1906年「坊っちゃん」「草枕」を発表。1907年教職を辞し、朝日新聞社に入社。そして「虞美人草」「三四郎」などを発表するが、胃病に苦しむようになる。1916年12月9日、「明暗」の連載途中に胃潰瘍で永眠。享年50歳であった。
»この著者の作品一覧へ

朗読者情報

兼高美雪

兼高美雪

女優・声優・司会・ナレーター・作詞家・新井製作所所員
元 劇団21世紀FOX出身。劇団員として活動しつつ、声優としても活動。近年では趣味のプラモデルをきっかけに「ワンフェス」「新井製作所」などでも活躍。
また、さかもとえいぞう。川村ゆみ、榊原ゆいさんなどへ、歌詞提供なども行っている

趣味は、日本舞踊(菊間流名取)、プラモデル、パン作り。路面電車

主な出演作:
劇団21世紀FOX公演
舞台 ソラリネ。「ニンギョヒメ」シーム役
DVD「アメリカンエアショー」ナレーション
オペラ「フィガロの結婚」ナレーション
アニメ「ブレイド」
ゲーム「シェルノサージュ」「フェアリーフェンサーF」
イベント「田部井淳子 講演会」司会、「趣味人倶楽部フォーラム」司会
»この朗読者の作品一覧へ