MM9

MM9

著者: 山本弘

朗読: 西山宏太朗

総朗読時間:4時間23分35秒

出版社:東京創元社

装画:開田裕治
装幀:岩郷重力+WONDER WORKZ。

ジャンル: SF

【試聴】

MM9スマートフォンページ

「kikubon」はスマートフォン向けサービスです。
スマートフォンは左記QRコード、または下記アドレスよりアクセスできます!
http://kikubon.jp/sp/product.php?aKey=139

【内容紹介】

地震、台風などと同じく自然災害の一種として“怪獣災害”が存在する現代。有数の怪獣大国である日本では、怪獣対策のスペシャリスト集団「気象庁特異生物対策部」、略して「気特対」が日夜を問わず日本の防衛に駆け回っていた。
多種多様な怪獣たちの出現予測に正体の特定、そして自衛隊と連携するべく直接現場で作戦行動を執る。世論の非難を浴びることも度々で、誰かがやらなければならないこととはいえ、苛酷で割に合わない任務だ。それぞれの職能を活かして、相次ぐ難局に立ち向かう気特対部員たちの活躍を描く、本格SF+怪獣小説!

twitterボタン facebookでシェアする googleプラスシェア mixiチェック

目次

  • MM9 (サンプル)【朗読時間:3分42秒
  • 第一話 緊急!怪獣警報発令【朗読時間:1時間09分18秒
  • 第二話 危険!少女逃亡中【朗読時間:1時間22分17秒
  • 第三話 脅威!飛行怪獣襲来【朗読時間:1時間52分0秒

著者情報

山本弘

1956年京都府生まれ。78年「スタンピード!」で第1回奇想天外SF新人賞佳作に入選。87年、ゲーム創作集団「グループSNE」に参加。作家、ゲームデザイナーとしてデビュー。2003年発表の『神は沈黙せず』が第25回日本SF大賞の、また07年発表の『MM9』が第29回SF大賞の候補作となり、06年の『アイの物語』は第28回吉川英治文学新人賞ほか複数の賞の候補に挙がるなど、日本SFの気鋭として注目を集める(『MM9』は連続TVドラマ化もされた)。11年、『去年はいい年になるだろう』で第42回星雲賞を受賞。他の著作に、『時の果てのフェブラリー』『シュレディンガーのチョコパフェ』『闇が落ちる前に、もう一度』『地球移動作戦』『アリスへの決別』など著作多数。
»この著者の作品一覧へ

朗読者情報

西山宏太朗

西山宏太朗

声優
■代表出演作品
<アニメ>
美男高校 地球防衛部LOVE! -鬼怒川熱史
Free!-Eternal Summer- -岩清水透
もっふりモフ☆モフ -ブラモフ
<外画>
NCIS:LA~極秘潜入捜査班~ -トゥアン・グエン
<外画アニメ>
きかんしゃトーマス -スクラフ
<ラジオ>
OBC/Web ニッポン朗読アカデミー
超A&G A&G ARTIST ZONE 2h アシスタント・パーソナリティ(火・水)
<ゲーム>
ハイキュー!! 繋げ!頂の景色!! -成田和仁
<テレビ>
NTV 声優戦隊ボイストーム7 実写パート「cafe*soffive」(顔出し出演 )
NHK-BSP 世界で一番美しい瞬間「希望の夕日 想いをこめるとき ニューヨーク」(声の出演 )
»この朗読者の作品一覧へ