無料オーディオブックがたくさん!耳で聴く本(きく本) kikubon(キクボン)| 声優・ナレーターの声と演技で楽しむ朗読サイト!SF・ミステリ・ファンタジー! 

無料で聴けるオーディオブックがたくさん!SF/ミステリ/ファンタジー
声優・ナレーターが朗読する聴く本

レビューはこちらから投稿いただけます。

※投稿頂きました内容は、当サイトや告知活動、一部SNSなどでご紹介させていただく場合がございます、あらかじめご了承ください。
※ネタバレを含む内容があった場合、編集させていただくことがございます。ご了承ください。
※30文字以上でご入力ください。

文字数:0

投稿する

×
バー・スクウェアの矜持

出版社:東京創元社

装画:管野研一
装幀:鈴木久美

バー・スクウェアの矜持

著者: 福田和代

朗読: 下山吉光

総朗読時間:07時間0分01秒

ジャンル:推理・ミステリ・サスペンス・ホラー

サンプル試聴:
【内容紹介】
バー『スクウェア』に通う大阪府警薬物対策課の刑事・三田。彼は今まで追ってきた事件の陰に、謎のバーテンダー「名無しのリュウ」と、その相棒の元ボクサー・宇多島の策謀があることを知り、葛藤を抱いていた。三田は彼らが目論む計画に、どう向き合うのか。そして武闘派暴力団が絡む大規模な薬物事件の捜査の行方は? 傷と影を抱える男たちの活躍を描く、連作ミステリ第2弾。

<版権表示>
(P)福田和代・東京創元社・RRJ Inc.
バー・スクウェアの矜持スマートフォンページ

ご購入いただいたコンテンツはスマートフォンでもお楽しみいただけます。
スマートフォンの場合、ダウンロードして聴ける『KikubonPlayerアプリ』をご利用いただけます。
(タブレット(iOS、Android)、iPod Touchにも対応)
左記QRコード、または下記アドレスよりアクセスできます!
https://kikubon.jp/product.php?aKey=363

目次

  • マザー
    朗読時間:1時間31分59秒

  • サーチ
    朗読時間:1時間31分22秒

  • 赤ちゃんに乾杯?
    朗読時間:51分36秒

  • ブラッディ・ハート
    朗読時間:1時間22分55秒

  • デッドエンドストリート
    朗読時間:1時間42分07秒

バー・スクウェアの矜持
バー・スクウェアの矜持スマートフォンページ

ご購入いただいたコンテンツはスマートフォンでもお楽しみいただけます。
スマートフォンの場合、ダウンロードして聴ける『KikubonPlayerアプリ』をご利用いただけます。
(タブレット(iOS、Android)、iPod Touchにも対応)
左記QRコード、または下記アドレスよりアクセスできます!
https://kikubon.jp/product.php?aKey=363

twitterボタン facebookでシェアする mixiチェック

※PCではストリーミング配信のみとなります。

購入(1,500pt)

著者情報

福田和代

1967年兵庫県生まれ。神戸大学卒。2007年、長編『ヴィズ・ゼロ』でデビュー。緻密な取材と抜群のリーダビリティが高く評価される。他の著作に『TOKYO BLACKOUT』『バー・スクウェアの邂逅』『バー・スクウェアの矜持』『空に咲く恋』『星星の火』などがある。

»この著者の作品一覧へ

朗読者情報

下山吉光 下山吉光

1976年5月6日生まれ。
日本の男性声優、ナレーター。神奈川県横浜市出身。身長185cm。所属はフリー。

■代表出演作品
<ナレーション>
TBS「衝撃速報!アカルイ☆ミライ」
CX「Choice2」
NHK「天才てれびくんMAX 天てれ部活動 男子ライフセービング部」
<アニメ>
CX「サザエさん」 -神戸
NHK「バクマン。2」 -小河直人
NHK「MAJORシリーズ」 -草野秀明
<吹き替え>
wowow「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街」 -セブソ
wowow「インディージョーンズ レイダース 失われたアーク」 -カタンガ船長
FOX「プリズン・ブレイク」 -チャールズ・“ヘイワイヤー”・パトシック
<特撮>
EX「獣拳戦隊ゲキレンジャー」 -五毒拳・臨獣センチピード拳カデムの声
<ゲーム>
「アサシン・クリード」-ヴィエリ・デ・パッツィ他

»この朗読者の作品一覧へ

レビュー

  • 今回もおもしろかった!ヒヤヒヤさせられる話もあちこちにあるのに、赤ちゃんに乾杯?で一休み感覚のストーリーもあって、更に楽しめる内容でした。リュウたちが目的を達成する日は来るのかな。見てみたいです。

  • 1作目のバー・スクウェアの邂逅が面白かったので気になっていました。クライマックスでも本作品のイメージ通り落ち着いた雰囲気で進んでいき、自分としては期待通りの面白さでした。

  • 薬物がらみ、暴力団がらみの事件にもかかわらず、暴力シーンなどがなく、聞きやすかったです。あまり暴力的なもの、怖いシーンは苦手なので。
    三田刑事、リュウと宇多島、刑事仲間、おけいママと、とても個性的な登場人物が多く、面白かったです。
    そして、その数多い人物の演じ分けもしっかりしていて、下山さんの朗読はすばらしかったです!
    大迫くんにもっと活躍してほしいし、アリサと三田刑事のその後も気になるし、続きがあったらまた聞きたいシリーズです。

このシリーズの他の作品他の作品も見る