無料オーディオブックがたくさん!耳で聴く本(きく本) kikubon(キクボン)| 声優・ナレーターの声と演技で楽しむ朗読サイト!SF・ミステリ・ファンタジー! 

無料で聴けるオーディオブックがたくさん!SF/ミステリ/ファンタジー
声優・ナレーターが朗読する聴く本

レビューはこちらから投稿いただけます。

※投稿頂きました内容は、当サイトや告知活動、一部SNSなどでご紹介させていただく場合がございます、あらかじめご了承ください。
※ネタバレを含む内容があった場合、編集させていただくことがございます。ご了承ください。
※30文字以上でご入力ください。

文字数:0

投稿する

×
黄金豹

黄金豹

著者: 江戸川乱歩

朗読: 新居祐一

総朗読時間:4時間10分51秒

ジャンル:推理・ミステリ・サスペンス・ホラー

サンプル試聴:
【内容紹介】
東京都内に、『まぼろしの豹』があらわれるという、うわさがひろがっていました。
ある月の美しい晩、ひとりの中学生が、お友だちのうちからの帰り道に、大きな西洋館の前にさしかかりました。
さびしい町ですから、まだ九時ごろなのに、まったく人通りがありません。空には、満月にちかい月が、こうこうとかがやいています。ひくいコンクリートの塀をへだてて、西洋館の屋根が、月の光をうけて、まっ白に光っているのが見えます。
その屋根の上を、一ぴきの大きなネコが、のそのそと歩いていました。
「オヤッ、なんて、でっかいネコだろう。」
中学生はびっくりして、立ちどまりました。
そいつは屋根の上を、だんだん、こちらへ歩いてきます。ふつうのネコの十倍もあるほど大きいのです。そしてふしぎなことには、全身が金でできているように、ピカピカ光っているのです。その金色のからだに、黒い斑紋が、いっぱいならんでいます。
「アッ、ネコじゃない。豹だッ!」
中学生は、からだがしびれたようになって、逃げだすこともできなくなってしまいました。

※本作品中には、今日からすると不適切な表現が見られますが、作品の時代背景と著者の意図を尊重し、そのままの形で配信いたします。

黄金豹スマートフォンページ

ご購入いただいたコンテンツはスマートフォンでもお楽しみいただけます。
スマートフォンの場合、ダウンロードして聴ける『KikubonPlayerアプリ』をご利用いただけます。
(タブレット(iOS、Android)、iPod Touchにも対応)
左記QRコード、または下記アドレスよりアクセスできます!
https://kikubon.jp/product.php?aKey=430

目次

  • まぼろしの豹
    朗読時間:6分28秒

  • 銀座の怪事件
    朗読時間:7分31秒

  • ネコやしき
    朗読時間:8分0秒

  • 怪獣と宝石
    朗読時間:6分47秒

  • 怪獣と札たば
    朗読時間:7分33秒

  • 怪獣と二少年
    朗読時間:6分22秒

  • 千年の魔豹
    朗読時間:10分36秒

  • 動く毛がわ
    朗読時間:10分58秒

  • 豹のゆくえ
    朗読時間:7分5秒

  • 午後十時
    朗読時間:14分12秒

  • 小林少年のてがら
    朗読時間:10分33秒

  • 屋上の怪獣
    朗読時間:7分44秒

  • 金色のにじ
    朗読時間:7分39秒

  • 空中曲芸
    朗読時間:8分41秒

  • 怪獣と密室
    朗読時間:9分20秒

  • 寝台車の怪
    朗読時間:8分7秒

  • 車上の猛獣がり
    朗読時間:7分48秒

  • 怪老人
    朗読時間:6分48秒

  • 忍術つかい
    朗読時間:6分54秒

  • 売店の怪
    朗読時間:6分13秒

  • 明智探偵事務所
    朗読時間:8分2秒

  • 稀代の宝玉
    朗読時間:6分41秒

  • 金庫の中から
    朗読時間:6分32秒

  • 怪獣と奇獣
    朗読時間:5分51秒

  • もぬけのから
    朗読時間:6分57秒

  • 森の一けん家
    朗読時間:7分0秒

  • ネコむすめ
    朗読時間:6分31秒

  • ネコ夫人
    朗読時間:6分40秒

  • 地底の黄金豹
    朗読時間:8分21秒

  • 怪獣の正体
    朗読時間:11分25秒

  • 悪魔のさいご
    朗読時間:11分20秒

黄金豹
黄金豹スマートフォンページ

ご購入いただいたコンテンツはスマートフォンでもお楽しみいただけます。
スマートフォンの場合、ダウンロードして聴ける『KikubonPlayerアプリ』をご利用いただけます。
(タブレット(iOS、Android)、iPod Touchにも対応)
左記QRコード、または下記アドレスよりアクセスできます!
https://kikubon.jp/product.php?aKey=430

twitterボタン facebookでシェアする mixiチェック

※PCではストリーミング配信のみとなります。

一括購入(0pt)

著者情報

江戸川乱歩

日本の探偵小説の基礎を築いた作家。本名は平井太郎。1894年(明治27年)、三重県生れ。1923年(大正12年)に「二銭銅貨」でデビュー。以降、本格探偵小説を世に送り出しいく。ペンネームはエドガー・アラン・ポーからとっている。代表作は「パノラマ島奇讃」、「陰獣」、少年探偵団ものなど多数。

»この著者の作品一覧へ

朗読者情報

新居祐一 新居祐一

声優・ナレーター
■代表出演作品
<ナレーション>
NHK 「カレンダークイズ あぁ思い出せない」
NHK 「にっぽん 釣りの旅」
千葉テレビ「ハピはぴモーニング~ハピモ~」(月・水・金曜日担当)(生ナレーションレギュラー)
TBS 「ジャスト」
TX「レディス4」(生ナレーション)
BS日テレ「眞鍋かをりのブログッズ」
<WEB>
「JAXA 宇宙航空開発研究機構」
ミランカ「Oh!バカちゃんぴおん」
CRスーパー海物語IN沖縄3「実機バトル祭り」

第48回科学技術映像祭 「『はやぶさ』の大いなる挑戦!~世界初の小惑星サンプルリターン~」

»この朗読者の作品一覧へ

レビュー

  • いいお声です。静かにしなければならない処で収録したのでしょうか?中学生の悲鳴がリアルじゃなかったです。

  • 耳順となり、昔読んだ少年倶楽部文庫(講談社)の『怪人二十面相』『少年探偵団』を読み直したころのトキメキがまた惹起するとは、朗読の持つパワーなのか。新居さんの声の魅力なのか。黄金豹という奇想天外な設定も冒険小説の様な彩りに想えてくる。文芸批評では味わわせてもらえない心震える瞬間をありがとう。

このシリーズの他の作品他の作品も見る