無料オーディオブックがたくさん!耳で聴く本(きく本) kikubon(キクボン)| 声優・ナレーターの声と演技で楽しむ朗読サイト!SF・ミステリ・ファンタジー! 

無料で聴けるオーディオブックが200冊以上!SF/ミステリ/ファンタジー
声優・ナレーターが朗読する聴く本

レビューはこちらから投稿いただけます。

※投稿頂きました内容は、当サイトや告知活動、一部SNSなどでご紹介させていただく場合がございます、あらかじめご了承ください。
※ネタバレを含む内容があった場合、編集させていただくことがございます。ご了承ください。
※30文字以上でご入力ください。

文字数:0

投稿する

×
醜い家鴨の子

醜い家鴨の子

著者: ハンス・クリスチャン・アンデルセン, 菊池寛

朗読: 井田愛里紗

総朗読時間:40分18秒

ジャンル:文学・詩歌,短編小説,大人も子どもも楽しめる

サンプル試聴:
【内容紹介】
ハンス・クリスチャン・アンデルゼンによる童話

それは田舎の夏のいいお天気の日の事でした。もう黄金色になった小麦や、まだ青い燕麦や、牧場に積み上げられた乾草堆など、みんなきれいな眺めに見える日でした。こうのとりは長い赤い脚で歩きまわりながら、母親から教わった妙な言葉でお喋りをしていました。
麦畑と牧場とは大きな森に囲まれ、その真ん中が深い水溜りになっています。全く、こういう田舎を散歩するのは愉快な事でした。

※本作品中には、今日からすると不適切な表現が見られますが、作品の時代背景と著者の意図を尊重し、そのままの形で配信いたします。

※本作品中には、今日からすると不適切な表現が見られますが、作品の時代背景と著者の意図を尊重し、そのままの形で配信いたします。

醜い家鴨の子スマートフォンページ

ご購入いただいたコンテンツはスマートフォンでもお楽しみいただけます。
スマートフォンの場合、ダウンロードして聴けるアプリ「kikubon(キクボン)」(無料)をご利用いただけます。
(タブレット(iOS、Android)、iPod Touchにも対応)
左記QRコード、または下記アドレスよりアクセスできます!
https://kikubon.jp/product.php?aKey=554

目次

  • 醜い家鴨の子
    朗読時間:40分18秒

醜い家鴨の子
醜い家鴨の子スマートフォンページ

ご購入いただいたコンテンツはスマートフォンでもお楽しみいただけます。
スマートフォンの場合、ダウンロードして聴けるアプリ「kikubon(キクボン)」(無料)をご利用いただけます。
(タブレット(iOS、Android)、iPod Touchにも対応)
左記QRコード、または下記アドレスよりアクセスできます!
https://kikubon.jp/product.php?aKey=554

twitterボタン facebookでシェアする mixiチェック

※PCではストリーミング配信のみとなります。

一括購入(0pt)

著者情報

ハンス・クリスチャン・アンデルセン

デンマークの童話作家。文学者。詩人。「即興詩人」を著し反響を呼ぶ。
1835年に「童話集」を発表し、以降死去するまでの間に多くの童話を書く。
代表作は、「人魚姫」「裸の王様」「みにくいアヒルの子」「マッチ売りの少女」ほか。

»この著者の作品一覧へ
菊池寛

小説家、劇作家、ジャーナリスト。文藝春秋社(2018年現在は株式会社文藝春秋)を創設した実業家でもある。
第三次、第四次「新新潮」に参加。『屋上の狂人』『父帰る』を発表する。
時事新報社時代に発表した『無名作家の日記』『恩讐の彼方に』が評判になり、文壇的地位を確立する。
(1888年12月26日~1948年3月6日)

»この著者の作品一覧へ

朗読者情報

井田愛里紗 井田愛里紗

声優。アトミックモンキー所属。

»この朗読者の作品一覧へ

レビュー

  • 最近の子どもで、この作品を知らない子が増えているようです。世界の名作を伝えていきたいですね。

  •  醜いアヒルの子は幼い頃に誰もが読んだ事のある名作だと思います。最後はハッピーエンドで終わり、イジメられた思い出もあとからは懐かしい思い出と感じる事の出来る心の大きさを感じました。自分も器の大きな人間になりたいと思った作品の一つでした。

このシリーズの他の作品他の作品も見る