無料オーディオブックがたくさん!耳で聴く本(きく本) kikubon(キクボン)| 声優・ナレーターの声と演技で楽しむ朗読サイト!SF・ミステリ・ファンタジー! 

無料で聴けるオーディオブックが200冊以上!SF/ミステリ/ファンタジー
声優・ナレーターが朗読する聴く本

レビューはこちらから投稿いただけます。

※投稿頂きました内容は、当サイトや告知活動、一部SNSなどでご紹介させていただく場合がございます、あらかじめご了承ください。
※ネタバレを含む内容があった場合、編集させていただくことがございます。ご了承ください。
※30文字以上でご入力ください。

文字数:0

投稿する

×
ヴィヨンの妻

ヴィヨンの妻

著者: 太宰治

朗読: 松本ちえ

総朗読時間:1時間23分31秒

ジャンル:文学・詩歌

サンプル試聴:
【内容紹介】
太宰治による小説

あわただしく、玄関をあける音が聞えて、私はその音で、眼をさましましたが、それは泥酔の夫の、深夜の帰宅にきまっているのでございますから、そのまま黙って寝ていました。

※本作品中には、今日からすると不適切な表現が見られますが、作品の時代背景と著者の意図を尊重し、そのままの形で配信いたします。

※本作品中には、今日からすると不適切な表現が見られますが、作品の時代背景と著者の意図を尊重し、そのままの形で配信いたします。

ヴィヨンの妻スマートフォンページ

ご購入いただいたコンテンツはスマートフォンでもお楽しみいただけます。
スマートフォンの場合、ダウンロードして聴けるアプリ「kikubon(キクボン)」(無料)をご利用いただけます。
(タブレット(iOS、Android)、iPod Touchにも対応)
左記QRコード、または下記アドレスよりアクセスできます!
https://kikubon.jp/product.php?aKey=572

目次

  • ヴィヨンの妻
    朗読時間:1時間23分31秒

ヴィヨンの妻
ヴィヨンの妻スマートフォンページ

ご購入いただいたコンテンツはスマートフォンでもお楽しみいただけます。
スマートフォンの場合、ダウンロードして聴けるアプリ「kikubon(キクボン)」(無料)をご利用いただけます。
(タブレット(iOS、Android)、iPod Touchにも対応)
左記QRコード、または下記アドレスよりアクセスできます!
https://kikubon.jp/product.php?aKey=572

twitterボタン facebookでシェアする mixiチェック

※PCではストリーミング配信のみとなります。

一括購入(0pt)

著者情報

太宰治

津軽の大地主の六男として生まれる。共産主義運動から脱落して遺書のつもりで書いた第一創作集のタイトルは「晩年」(昭和11年)という。この時太宰は27歳だった。その後太平洋戦争に向う時期から戦争末期までの困難な間も、妥協を許さない創作活動を続けた数少ない作家の一人である。戦後「斜陽」(昭和22年)は大きな反響を呼び、若い読者をひきつけた。

»この著者の作品一覧へ

朗読者情報

松本ちえ 松本ちえ

声優事務所を退所後、各種ナレーションをはじめ、ゲームやラジオドラマのキャラクターボイス、イベントMC等で活動。
ナレーションは、テレビ番組、CM、企業VP、オーディオブックなど。
カッコいいお姉様系ナレーションから、クセのあるバラエティ読みまで幅広くこなす。
また、朗読ユニット『ちえ、(ほぼ)ひとり。』 として、定期的に舞台公演も行う。

»この朗読者の作品一覧へ

レビュー

  • 根岸吉太郎監督の映画も素晴らしかったが、今回の朗読作品も素晴らしかった。太宰作品で『トカトントン』も朗読化して欲しい。

このシリーズの他の作品他の作品も見る