レビューはこちらから投稿いただけます。

※投稿頂きました内容は、当サイトや告知活動、一部SNSなどでご紹介させていただく場合がございます、あらかじめご了承ください。
※ネタバレを含む内容があった場合、編集させていただくことがございます。ご了承ください。
※30文字以上でご入力ください。

文字数:0

投稿する

×
寓話

寓話

著者: 新美南吉

朗読: 竹原てん

総朗読時間:3分11秒

ジャンル:文学・詩歌,短編小説

サンプル試聴:
【内容紹介】
新美南吉による短編小説

うん、よし、話をしてやらう
昔 旅人が旅をしてゐた
何といふ寂しいことだらう
彼はわけもなく旅をしてゐた

※本作品中には、今日からすると不適切な表現が見られますが、作品の時代背景と著者の意図を尊重し、そのままの形で配信いたします。

※本作品中には、今日からすると不適切な表現が見られますが、作品の時代背景と著者の意図を尊重し、そのままの形で配信いたします。

寓話スマートフォンページ

ご購入いただいたコンテンツはスマートフォンでもお楽しみいただけます。
スマートフォンの場合、ダウンロードして聴けるアプリ「kikubon(キクボン)」(無料)をご利用いただけます。
(タブレット(iOS、Android)、iPod Touchにも対応)
左記QRコード、または下記アドレスよりアクセスできます!
https://kikubon.jp/product.php?aKey=629

目次

  • 寓話
    朗読時間:3分11秒

寓話
寓話スマートフォンページ

ご購入いただいたコンテンツはスマートフォンでもお楽しみいただけます。
スマートフォンの場合、ダウンロードして聴けるアプリ「kikubon(キクボン)」(無料)をご利用いただけます。
(タブレット(iOS、Android)、iPod Touchにも対応)
左記QRコード、または下記アドレスよりアクセスできます!
https://kikubon.jp/product.php?aKey=629

twitterボタン facebookでシェアする mixiチェック

※PCではストリーミング配信のみとなります。

一括購入(0pt)

著者情報

新美南吉

愛知県出身。児童文学者。18歳で上京し、北原白秋の門下で童謡誌『チチノキ』の同人に。ついで、鈴木三重吉主宰の「赤い鳥」に童話作品を次々に発表。しかし、在京中に病に倒れ、帰郷後、わずか29歳で没した。

»この著者の作品一覧へ

朗読者情報

竹原てん 竹原てん

長いこと声のお仕事をしてきました。
朗読を学んでから芝居を学び、現在は朗読と芝居が自然に融合した作品を目指しています。

聴く人のイメージをかき立てるような朗読をお届けしたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

»この朗読者の作品一覧へ

レビュー

  • 短い寓話の話を聞いて、寂しい思いをして旅をしている旅人が新美南吉に重なってみえました。それは作者が早くして母を亡くしており、幼少期から複雑な家族関係にあった事を知ったからです。定住しない?出来ない?生き方について考えさせられました。

  • 新見南吉さんの作品にこんなものがあるとは今まで知らなかった。よく掘り起こしてきた物だと感心しました

  • 短いお話でしたが、大切なことが含まれているような感じがしました。旅と人間の在り方について考えさせられました。

このシリーズの他の作品他の作品も見る