レビューはこちらから投稿いただけます。

※投稿頂きました内容は、当サイトや告知活動、一部SNSなどでご紹介させていただく場合がございます、あらかじめご了承ください。
※ネタバレを含む内容があった場合、編集させていただくことがございます。ご了承ください。
※30文字以上でご入力ください。

文字数:0

投稿する

×
少女病

少女病

著者: 田山花袋

朗読: 奈波果林

総朗読時間:39分53秒

ジャンル:文学・詩歌,短編小説

サンプル試聴:
【内容紹介】
田山花袋による短編小説

山手線の朝の七時二十分の上り汽車が、代々木の電車停留場の崖下を地響きさせて通るころ、千駄谷の田畝をてくてくと歩いていく男がある。この男の通らぬことはいかな日にもないので、雨の日には泥濘の深い田畝道に古い長靴を引きずっていくし、風の吹く朝には帽子を阿弥陀にかぶって塵埃を避けるようにして通るし、沿道の家々の人は、遠くからその姿を見知って、もうあの人が通ったから、あなたお役所が遅くなりますなどと春眠いぎたなき主人を揺り起こす軍人の細君もあるくらいだ。

※本作品中には、今日からすると不適切な表現が見られますが、作品の時代背景と著者の意図を尊重し、そのままの形で配信いたします。

※本作品中には、今日からすると不適切な表現が見られますが、作品の時代背景と著者の意図を尊重し、そのままの形で配信いたします。

少女病スマートフォンページ

ご購入いただいたコンテンツはスマートフォンでもお楽しみいただけます。
スマートフォンの場合、ダウンロードして聴けるアプリ「kikubon(キクボン)」(無料)をご利用いただけます。
(タブレット(iOS、Android)、iPod Touchにも対応)
左記QRコード、または下記アドレスよりアクセスできます!
https://kikubon.jp/product.php?aKey=663

目次

  • 少女病
    朗読時間:39分53秒

少女病
少女病スマートフォンページ

ご購入いただいたコンテンツはスマートフォンでもお楽しみいただけます。
スマートフォンの場合、ダウンロードして聴けるアプリ「kikubon(キクボン)」(無料)をご利用いただけます。
(タブレット(iOS、Android)、iPod Touchにも対応)
左記QRコード、または下記アドレスよりアクセスできます!
https://kikubon.jp/product.php?aKey=663

twitterボタン facebookでシェアする mixiチェック

※PCではストリーミング配信のみとなります。

一括購入(無料)

著者情報

田山花袋

日本の小説家。群馬県(当時は栃木県)生まれ。
尾崎紅葉のもとで修行したが、後に国木田独歩、柳田國男らと交わる。『蒲団』『田舎教師』などの自然主義派の作品を発表し、その代表的な作家の一人。紀行文にも優れたものがある。
(1872年1月22日~1930年5月13日)

»この著者の作品一覧へ

朗読者情報

奈波果林 奈波果林

声優。アトミックモンキー所属。

»この朗読者の作品一覧へ

レビュー

  • 昔からこういう嗜好はあったのだな…と、当たりまえなのかも知れませんが、しみじみと思いました。
    あと、一つだけあったレビューを読んで、ラストが大体よめてしまったので、正直それが非常に残念でした。
    十分にネタバレに繋がるレビューだと思うので、編集してほしいです。

  • ○○○○○○○○○○の話と知らなければ、○○○○と思う。解説が欲しいところ。明治39年(1906年)はおおよそ百年前、日本に電車が走った途端、こんな変態小説が発表されたとは、日本は偉大だと思う。(ネタばれにならないように○○と表現させていただきました。キクボン運営より)

このシリーズの他の作品他の作品も見る