レビューはこちらから投稿いただけます。

※投稿頂きました内容は、当サイトや告知活動、一部SNSなどでご紹介させていただく場合がございます、あらかじめご了承ください。
※ネタバレを含む内容があった場合、編集させていただくことがございます。ご了承ください。
※30文字以上でご入力ください。

文字数:0

投稿する

×
第五氷河期

第五氷河期

著者: 海野十三

朗読: mamezo

総朗読時間:49分35秒

ジャンル:SF(サイエンス・フィクション),短編小説

サンプル試聴:
【内容紹介】
海野十三によるSF短編小説

「氷河狂」といえば、誰も知らない者はない北見徹太郎博士は、ついに警視庁へ出頭を命ぜられた。
老博士は、銀髪銀髯の中から、血色のいい頬を耀かせ、調室の壊れかかった椅子に傲然と反り身になり、ひとり鼻をくんくん鳴らしていた。

※本作品中には、今日からすると不適切な表現が見られますが、作品の時代背景と著者の意図を尊重し、そのままの形で配信いたします。

※本作品中には、今日からすると不適切な表現が見られますが、作品の時代背景と著者の意図を尊重し、そのままの形で配信いたします。

第五氷河期スマートフォンページ

ご購入いただいたコンテンツはスマートフォンでもお楽しみいただけます。
スマートフォンの場合、ダウンロードして聴けるアプリ「kikubon(キクボン)」(無料)をご利用いただけます。
(タブレット(iOS、Android)、iPod Touchにも対応)
左記QRコード、または下記アドレスよりアクセスできます!
https://kikubon.jp/product.php?aKey=538

目次

  • 第五氷河期
    朗読時間:49分35秒

第五氷河期
第五氷河期スマートフォンページ

ご購入いただいたコンテンツはスマートフォンでもお楽しみいただけます。
スマートフォンの場合、ダウンロードして聴けるアプリ「kikubon(キクボン)」(無料)をご利用いただけます。
(タブレット(iOS、Android)、iPod Touchにも対応)
左記QRコード、または下記アドレスよりアクセスできます!
https://kikubon.jp/product.php?aKey=538

twitterボタン facebookでシェアする mixiチェック

※PCではストリーミング配信のみとなります。

一括購入(無料)

著者情報

海野十三

1897年(明治30年)12月26日 - 1949年(昭和24年)5月17日)は、日本の小説家、SF作家、推理作家、漫画家、科学解説家。日本SFの始祖の一人と呼ばれる。

»この著者の作品一覧へ

朗読者情報

mamezo mamezo

YouTubeチャンネルにて朗読を配信中
mamezoチャンネル

»この朗読者の作品一覧へ

レビュー

  • 耳順です。2000年の有珠山噴火予知、岡田弘教授の大多数の反対を押し切って住民の避難を実現したあの未曾有のパワーを彷彿させる話の展開。半世紀以上前に生み出した海野十三の計り知れない凄みを感じます。

  • 氷河期興味ある言葉でしたので!聴いてみました。臨場感がありました。

  •  最近は温暖化の影響を受けているせいか考えられない異常気象が多い様な気がします。本編では氷河期が来る事を訴えていますが誰もが信じようとせず、危機管理についての意識が低い様に思いました。確かに自然の猛威の前では人間の力など無力に感じられますが更に真剣になって対策を考えなければならない時期が来ているのではないかと思い知らされました。

このシリーズの他の作品他の作品も見る