レビューはこちらから投稿いただけます。

※投稿頂きました内容は、当サイトや告知活動、一部SNSなどでご紹介させていただく場合がございます、あらかじめご了承ください。
※ネタバレを含む内容があった場合、編集させていただくことがございます。ご了承ください。
※30文字以上でご入力ください。

文字数:0

投稿する

×
ああ華族様だよ と私は嘘を吐くのであった

ああ華族様だよ と私は嘘を吐くのであった

著者: 渡辺温

朗読: 奈波果林

総朗読時間:10分54秒

ジャンル:文学・詩歌,短編小説

サンプル試聴:
【内容紹介】
渡辺温による短編小説

その晩、私は隣室のアレキサンダー君に案内されて、始めて横浜へ遊びに出かけた。
アレキサンダー君は、そんな遊び場所に就いてなら、日本人の私なんぞよりも、遙かに詳かに心得ていた。

※本作品中には、今日からすると不適切な表現が見られますが、作品の時代背景と著者の意図を尊重し、そのままの形で配信いたします。

※本作品中には、今日からすると不適切な表現が見られますが、作品の時代背景と著者の意図を尊重し、そのままの形で配信いたします。

ああ華族様だよ と私は嘘を吐くのであったスマートフォンページ

ご購入いただいたコンテンツはスマートフォンでもお楽しみいただけます。
スマートフォンの場合、ダウンロードして聴けるアプリ「kikubon(キクボン)」(無料)をご利用いただけます。
(タブレット(iOS、Android)、iPod Touchにも対応)
左記QRコード、または下記アドレスよりアクセスできます!
https://kikubon.jp/product.php?aKey=666

目次

  • ああ華族様だよ と私は嘘を吐くのであった
    朗読時間:10分54秒

ああ華族様だよ と私は嘘を吐くのであった
ああ華族様だよ と私は嘘を吐くのであったスマートフォンページ

ご購入いただいたコンテンツはスマートフォンでもお楽しみいただけます。
スマートフォンの場合、ダウンロードして聴けるアプリ「kikubon(キクボン)」(無料)をご利用いただけます。
(タブレット(iOS、Android)、iPod Touchにも対応)
左記QRコード、または下記アドレスよりアクセスできます!
https://kikubon.jp/product.php?aKey=666

twitterボタン facebookでシェアする mixiチェック

※PCではストリーミング配信のみとなります。

一括購入(無料)

著者情報

渡辺温

日本の推理作家・幻想小説家。
慶応義塾大在学中に、プラトン社の映画筋書懸賞募集に「影」で一等入選。1927(昭和2)年、博文館に入社し、横溝正史編集長のもとで雑誌「新青年」のモダニズム化を推進する。作品はほとんどが掌篇で、主に「新青年」に発表された。
(1902年8月26日~1930年2月10日)

»この著者の作品一覧へ

朗読者情報

奈波果林 奈波果林

声優。アトミックモンキー所属。

»この朗読者の作品一覧へ

レビュー

  • 渡辺温というのは初めて聴く作家ですが、独自の作風をつらないている感じが見受けられました。朗読者の声も魅力的でした。作家紹介に横溝正史の名前が出ていたので、懐かしく感じられました。

このシリーズの他の作品他の作品も見る